あなたが知らない京都市南区周辺の住まい事情

京都での新築分譲住宅なら河野さんにおまかせ! 株式会社大倉・京都支店
営業 河野祥治さん

京都住宅アナリスト 寺田
京都住宅アナリスト 寺田

はじめまして。このページを作成している寺田と申します。
京都と言えば、歴史的な寺社仏閣や風情を感じさせる街並みを備えた観光地として世界的に有名です。一年を通して、日本中、いや世界中から京都に足を運ぶ観光客が絶えることはありません。しかし近年は『京都に家を持って住みたい』と考える人が増えています。
そこで、京都市内の住宅事情に詳しい株式会社大倉・京都支店に勤める営業担当者の河野祥治さんに京都の住宅事情についてお話をおうかがいすることにしました。

その内容は、京都市内に暮らすなら知っておくべき京都の気候をはじめ、注目エリアである京都市南区吉祥院周辺の状況などについてです。さらには、家のプロという視点から、京都独特の古民家の構造を解説していただいたり、京都市内で新築戸建や新築一戸建、注文住宅などを選んだり、家づくりをする際に気をつけるべき点についてもアドバイスをいただきました。

京都の住宅事情を教えて!

京都住宅アナリスト 寺田 株式会社大倉・京都支店 営業 河野祥治さん

京都市にある古い家は『鰻の寝床』 住宅事情を教えて!

京都で上手に新築戸建や分譲戸建を建築・購入するなら、まず京都という街を知っておかなければなりませんよね。早速、河野さんに京都の街の成り立ちについておうかがいしました。

「京都は古来より都として発展してきました。皆さんも794年の平安京遷都は、学校で習われたと思います。以来、明治時代まで日本の首都は京都でした。そのため歴史的建造物や重要文化財が多数存在しており、そのおかげで戦火を免れることができました。ですから京都市内の旧市内と呼ばれる地域では、町家(まちや)と呼ばれる戦前の古い木造建築物が多く見られるんですよ」

昔の家づくりは合理的?税と連動した家の形状が特徴 住宅事情を教えて!

最近は、この古い木造建築物・町家がカフェやレストラン、居酒屋や宿泊施設などに改造され、とても人気なのだそうです。

「京都旧市内にある町家は、土地そのものの間口が狭く、奥行きが長いのが特徴なんですよ。これは、江戸時代以前に税額の基準を間口の広さで決めていた名残だそうです。お店に入る前は間口が狭くて小さいと思ったのに、中に入ると広くてびっくりするお店が多いのもこのため。また、家の前の道幅が狭い家が多いのも特徴です。今も昔も、家づくりには人々の知恵が凝縮されていますね」

京都のおすすめエリアを教えて!

インテリア写真 西大路駅、東寺駅 北野天満宮 京都市洛南中学校 京都市立吉祥院小学校

京都なら洛南に住まいを持つべし! おすすめエリア教えて!

京都の古い住まいって、独特なんですね。ということは、新築戸建を建てたり新築分譲を購入する時は、注意すべき点も多そうですね。

「先ほどもお話ししましたが、旧市内には古くて間口が狭い家が多く、お隣同士が軒を連ねて建っていたり、境界が不明瞭であったり、屋根や塀、建物の一部が越境していることも多いので、特に注文住宅を建てる時などは注意が必要です」

なるほど! では京都市内北部は、旧市内エリアとはまた違う点に注意する必要があるのでしょうか。

「京都市内北部エリアは、寺社仏閣が多いこともあり、建築に関する規制が少し厳しかったりします。例えば、大文字山から見えるエリアの建物については形状や色合いに関して、さらに川や山に近い地域は、敷地に対する建物の大きさも厳しく規制されています。北部エリアは環境が非常に良いのですが、新築戸建や注文住宅を建てるお客さまには、規制の数が多くクリアすべきハードルも高い点に気をつけていただきたいですね」

旧市内と北部では、そんなに注意すべき点が異なるんですね。少し驚きました。それでは南部エリアはどうなんでしょうか。

「南部エリアとは、いわゆる洛南と呼ばれる地域です。京都市をはじめとした行政が区画整理事業を実施するなど、京都の中では比較的最近開発された新しい街が多く、道路なども計画的に整備されている地域が多いですね。また、京都と大阪を結ぶ鉄道路線に近いのも特徴です。JR東海道山陽本線、阪急京都線、京阪線、近鉄京都線と、大阪に繋がる鉄道網が通っているので、洛南には複数路線を利用できる便利なエリアもありますよ。住むにはオススメです」

新築一軒家に住みたいなら『京都市南区吉祥院』がイチ押し! おすすめエリア教えて!

京都に住むなら洛南エリアが一番良さそうですね。でもちょっとエリアが広いかも。洛南エリアの中で、河野さんオススメの地域はどこなのか聞いてみました。すると、即答で『京都市南区吉祥院』という答えが。早速理由を聞いてみましょう。

京都市南区吉祥院には、JR東海道山陽本線『西大路駅』をはじめ、近鉄京都線『東寺駅』や『十条駅』、『上鳥羽口駅』があります。さらには京都市営地下鉄『九条駅』や『十条駅』が生活圏となるエリアもあり、場所によっては3つの鉄道を利用できるエリアなんです。中でも、JR東海道山陽本線は非常に便利で、他の私鉄が京都~大阪(阪急は神戸方面まで)を結ぶのに対して、さらにその先まで繋がっているんですよ。例えば、大津や神戸、明石や姫路ですね。こうしたエリアへの通勤にとても便利なんです」

これはすごい!3つの鉄道が利用できるなんて、すごく便利じゃないですか。でも、住環境が良くないと住むにはちょっと二の足を踏んでしまうんですが……。

「スーパー『イオン洛南店』があります。実はこの『イオン洛南店』は、関西でも有数の売上を誇る人気店だそうです。つまり、それだけ人が集まる人気エリアだということですね」

良いですね?吉祥院。私も住んでみたくなってきました。あと、やはり京都に住むなら京都らしいところも近くにあるといいなぁ、と思ったんですが、区画整理事業の影響で近くにそういう施設を期待するのは難しくなってしまったのでしょうか。

「いえいえ。付近にたくさんありますよ。まず、菅原道真の生誕の地とされ、北野天満宮より古い天満宮でもある吉祥院天満宮があります。さらにこの地域は、平安京の正門『羅城門』があった場所に近いんですよ。さらには、JR東海道山陽本線『西大路駅』を少し北上すると、平清盛の別宅跡が神社として祀られています」

JR東海道山陽本線『西大路駅』、近鉄京都線『東寺駅』などが利用OK! おすすめエリア教えて!

そういえばこの吉祥院地域に、河野さんが勤める株式会社大倉が『オークラホーム吉祥院』を新築分譲するという噂を耳にしたことがあります。そこで、チャンスとばかりに本当の話かどうかを河野さんに尋ねたところ、笑顔で『はい、もちろんそれは本当です(笑)』という答えが。これは早速詳細を聞かなければなりません。

今回分譲する『オークラホーム吉祥院』は京都市南区吉祥院にあり、過去に区画整理が実施された地域なんですよ。JR東海道山陽本線『西大路駅』まで徒歩で約14分、市バスを利用するならバス停まで徒歩約2分、バスに乗車してから約5分で『西大路駅』に到着します。また、近鉄京都線の『東寺駅』や『十条駅』、『上鳥羽口駅』も生活圏内にあり、交通の便利さは京都有数です」

生活に必要な施設も充実していると、河野さんは胸を張って教えてくれました。

「先ほどお話しした関西有数の売上を誇る『イオン洛南店』は、なんと徒歩約4分の場所にあります。店舗内には銀行のキャッシュコーナーもありますし、吉祥院のエリア内にも京都の主要な銀行がありますのでお財布の管理も万全です。また、近くに京都市立吉祥院小学校、京都市立洛南中学校があり、お子さまがおられるご家族も安心です。なにより、平安京の正門『羅城門』にほど近いことからも、遠く平安時代から人々が住んでいた場所ということがわかります。このように古くから人が集まっていた集落があった場所というのは、地盤がしっかりして住居を構えるのに適していると判断でき、安全だと考えることができるんです」

オークラホーム吉祥院の交通・周辺環境

  • JR「西大路駅」
  • JR「東寺駅」
  • JR「十条駅」
  • JR「上鳥羽口駅」
  • 吉祥院公園
  • 久世橋東詰公園
  • イオン洛南店
  • 京都市洛南中学校
  • 京都市立吉祥院小学校

京都のおすすめ住宅を教えて!

区画整理で整備されたエリア 新築一戸建て分譲予定地 省エネな住まい 無垢フローリング 無垢フローリング

新築分譲『オークラホーム吉祥院』は、優れた住環境がウリ! おすすめ住宅を教えて!

今回新たに販売予定の『オークラホーム吉祥院』のイチ押しポイントがどこなのか聞いてみました。

「やはり区画整理で整備されたエリアであること、街区道路がきちんと整備されていることですね。もう一つは、計画的に整備されているため近くに公園が多く、住環境に優れていることです。徒歩3分圏内に大きな公園が3カ所もあるんですよ。しかも大通りから少し入っただけですが、騒音などもほとんど無く閑静な住宅地が広がっているエリアなんです」

これはもう現地へ飛んで行って見てみたいですね。でも、さっきの話を聞いていると、京都の住宅事情って少し特殊な感じがしたんだけど、問題ないのでしょうか。少しばかり心配になってきたので、この際だからオークラホームの住宅についても話を聞くことにしました。

京都の新築戸建は『低炭素建築物認定』がスタンダード おすすめ住宅を教えて!

京都の気候や歴史が、他とは異なる住宅事情を形成したと知っても、これから住むなら、従来よりも快適な住まいを手に入れたいですよね。今度は家づくりという視点から、京都におすすめの住宅を探ってみましょう。すると河野さんは、京都の盆地ならではの気候を最新の住宅機能を活用すれば、楽に乗り越えられると教えてくれました。

「京都市は、三方を山に囲まれた盆地ですから、『夏は酷暑、冬は酷寒』という気候になるんですよ。その結果、どうしても暖房や冷房をたくさん使ってしまい、光熱費の負担も大きくなってしまいます。しかし、厳しい京都の夏や冬であっても『低炭素建築物認定』を受けた建築物なら、認定を受けていない建築物に比べて一次エネルギーを削減でき、結果的に節電できます。もちろん『オークラホーム吉祥院』は、全邸この『低炭素建築物認定』を受けた住宅になる予定です」

なるほど。住まいや住まう人、さらには地球環境にも助けとなる建築物を認定する制度なんですね。

省エネな住まいは、お財布にもやさしい!? おすすめ住宅を教えて!

『低炭素建築物認定』が、地球環境にやさしい建物だけ認定されることは分かりました。でも、他にメリットが無いのか、河野さんに聞いてみました。

「もちろんあります。実は、購入時の税率や住宅ローン控除限度額の上限枠引き上げといった優遇措置を受けることができるんです」

それは魅力的ですね!これはもっと注目しなければならないような気がしてきました。そもそも誰が低炭素建築物だと認定するんでしょう。ふとした疑問が湧いてきました。

「これは、地方自治体が省エネ性能が高い住宅に対して認定する制度なんです。実は最近、その省エネ基準が大きく改正されたんですよ。地方自治体が基準改正に踏み切った目的は、住宅性能に加えてエネルギー消費を抑えることでも、低炭素化(CO2排出量削減)を推進するためなんです」

つまり、従来の省エネ基準は住宅の熱性能、断熱材の材質・厚みなどを中心に評価していたところを、その住宅が1年間に消費する一次エネルギーの消費量に変更したのです。これは、ハード面はもちろんのこと、住まいに住む人々の暮らし方に影響する部分も低炭素化に取り組みなさい、という行政の意図があるんだそうです。

「住んでから使うエアコンや照明・水道といった設備面においてもエコを意識して消費エネルギー量の削減に取り組んだ家じゃないと、認定を受けられないことになりました。そのため、節水を助ける水回り設備やエネルギーの見える化「HEMS」を設置したり、太陽光などの再生可能エネルギーを利用した発電設備、それに連係した定置型蓄電池を設置した建築物もあります。『低炭素建築物認定』を受けている『オークラホーム吉祥院』ってすごいと思いませんか?」

確かにすごいですね。寺田はただただ驚くばかりです。

京都の住まいには無垢フローリングもぜひ! おすすめ住宅を教えて!

他にも京都に住む時に助かる設備があるはず。さらに河野さんから聞き出してみましょう。

無垢フローリングも京都に住むなら導入しておいた方が良いと思います。当然のことながら、無垢フローリングは自然素材ですから、本物の木材が持つ見た目のやさしさや質感は、人工的な床材には真似できないところです。さらに足当たりも良く、素足で歩いていてもヒヤッとすることなく、温かみや柔らかさを感じるのも無垢フローリングの住まいの特徴ですね」

接着剤なども使用しないため、アレルギーも出にくいですから、お子さまがいるご家庭でも安心ですよね。

「京都の夏は温度だけじゃなく湿度も高いですから、梅雨時期は吸湿し、乾燥する冬は放湿するといった木材本来の調湿効果も大いに役立ちます。京都独特の気候の中でも快適に日々を過ごせるよう、『オークラホーム吉祥院』をはじめとした京都のオークラホームの新築分譲住宅には、無垢フローリングを積極的に採用し、実際にお客さまからも喜ばれているんですよ」

京都という立地やそこに住まうお客さまを考えた家づくりは、新築分譲であっても、注文住宅であっても絶対に必要ですし、素晴らしいことですよね。ぜひ京都市内で素晴らしい住まいを見つけてくださいね。

最後に、取材をさせていただいた株式会社大倉の河野さんが担当する『オークラホーム吉祥院』のホームページアドレスをご紹介します。もしご興味があればご覧ください。

オークラホーム吉祥院 物件概要 (売主:オークラホーム京都支店)
ご好評につき完売いたしました。

その他の物件情報はこちらへ (http://www.okura-kyoto.com/real-estate/)